カードローンの審査に落ちないか不安でもOK

カードローンの審査に落ちたらどうしようと不安に思っている方も多いのではないでしょうか

カードローンの審査に落ちないか不安でもOK

審査落ちを経験するカードローン利用者とは?

どこのカードローン会社でも、審査を受けなければ融資をしてもらうことはできません。
これはカードローン会社だけではなく、金融機関でローンを組むときも同じことが言えます。
この審査というのは、返済能力があるかどうかを調べるものとなってきます。
カードローン会社はお金を貸し出すわけですので、返済をしてもらわなければ意味がありません。
損をしてまでお金を貸す・・・などいい人は世の中にはいないでしょう。

事前に審査をして、「この人であれば大丈夫」と信頼できる人かを判断します。
この審査では確実にみんな通るわけではなく、もちろん審査落ちをする人もいます。
審査落ちは、カードローン会社から信頼性のない証拠となってきます。
しかし、これらをどこで判断しているのか?これは各業者によって基準が違ってくるので、様々な点から考えての判断となってきます。

ただ、過去に破産宣告をしてしまった経験があったり、返済を滞納し続けている場合は審査落ちの原因となってきます。
ですので、過去に滞納をしたことがある人は申込みをする前にチェックをしておきましょう。
そして、現在複数のカードローン会社から借入をしているという場合も審査落ちの対象になってきます。
これは、総量規制という規制で決まっていることなのでカードローン会社独自の判断ではありません。
この規制は年収1/3のよりも少ない金額の借入しかできないというものです。
実際に今もらっている収入に対して、どのくらいの借入があるのかを調べることで、申し込みをすることができる状況なのか?を判断できます。

もし審査落ちが不安であれば、仮審査をすることもできるので利用するカードローン会社のホームページから行ってみてください。
ただし、これはあくまでも仮審査なので本審査で通るという保障はありません。

嘘をついてしまうと審査落ちの対象者になるかも・・・

新規でカードローン会社に申込みをする時に、他社借入があるという人は審査落ちするのでは?と心配になってしまいます。
他社借入は、残高によって審査落ちするか?しないか?というのが決まってきます。
カードローン会社での借入は、総量規制によって借入をすることができる総額が決まっています。
これは決まりとなっていることですので、違反してしまうとカードローン会社のデメリットになってしまいます。
基本的に、借入総額が年収に対して1/3以下となっているのでこの金額を超えることのないようにしましょう。
もしこれ以上借入をしている場合には申込みをした時点で審査落ちになってしまいます。
他社借入をしていることを黙っていればわからない・・・と申し込み時に虚偽の内容を記載してしまったり、嘘をついて空欄にしてしまうとすぐにばれてしまうので注意してください。
これは、カードローン会社では信用情報を見ることができるので、もし他で借入をしている場合はそこに記載されています。
過去に滞納をしてしまったとか自己破産者であるなどといったことも書かれているので、嘘をついても後々自分の首を絞めてしまうことになります。
ですので、嘘をつくのではなくまず正直に書くことが大切になってきます。

こうしたことが原因で審査落ちをしているのであれば、なるべく早く返済をする必要があります。
返済をすることによって、残高を減らすことができるので融資の枠を広げることが可能となってきます。毎月地道に返済をしていくことによって、増額への夢を叶えることができるようになってきます。
増額可能といったところまでくれば、将来的に急な出費があっても安心してカードローン利用をすることができます。

 |  | 

カードローンの審査落ちには原因がある

カードローンは審査の通らなければ借入をすることができません。
申し込みをすることによって、絶対に審査に通過するとは限りません。
当然のことながら、審査落ちをする人も中には存在しています。
こういった審査落ちを経験した場合には、違うカードローン会社も利用してみると、審査に通る可能性があります。

収入があって滞納や他社借入もしていない場合で、審査落ちしてしまったのは、大手のカードローン会社であったか、銀行系のカードローン会社だった場合があります。
銀行系のカードローン会社は、金利が安くカードローンを利用したいと考えている人がたくさんいます。
しかし、金利が低いというのは審査も厳しい傾向にあります。
ですので、審査落ちを経験する人はたくさんいるのです。

審査落ちを経験すると、「自分は一生カードローンを利用することができない・・・」とネガティブな気持ちになってしまいます。
こういった状況になった場合には、カードローン会社を変更することで改善させることがあるので、あきらめることなくトライし続けることが大切になってきます。

他にも審査落ちしてしまうのは、年収に対して借入している金額が多かったり、勤続年数など基本的な情報に嘘をついていた場合にはこういった審査落ちになってしまう可能性が高いので注意をしましょう。

申し込みをする際に記入することというのは調べればわかることです。
あまりにもわかりやすい嘘をつくことによって、申込みをした時点で信頼性を失ってしまうので、審査にまで進めることができなくなってしまいます。
こうした嘘をつき続けることで、審査落ちだけではなく申込みすら拒否されてしまうことにつながるので注意しなければいけません。

Copyright (C) 2013 カードローンの審査に落ちないか不安でもOK All Rights Reserved.

このページの先頭へ